ティーバッグ

深蒸し茶 ティーバッグ

00000000427
00000000427
00000000427
00000000427

「深蒸し茶」はその字の如く、深く蒸されたお茶です。
茶畑から摘んだ茶葉にすぐ熱を加えることで、酸化酵素の活性を失わせて緑のままの緑茶を製造することができます。
多くの日本茶は蒸すことで熱を加えます。
通常の蒸し時間は30秒から60秒。
60秒以上蒸して製造された緑茶が「深蒸し茶」となります。

長く蒸すことによって青臭さや渋味が抑えられて、まろやかな味になります。
また、茶葉が細かくなるので短時間でお茶を淹れることができるメリットがあります。
chagamaの深蒸し茶はその特性を活かすために、少し強めに火入れをしています。

さらに、chagamaの「深蒸し茶 ティーバッグ」は、ティーバッグでお茶を飲むシチュエーションを考え、すぐに抽出できるお茶をセレクトしています。
品種は「ゆたかみどり」。
熱湯でも、水でも、丁寧でも、ちょっと乱暴でも、どんな淹れ方をしても香り高くてコクがある「深蒸し茶」をティーバッグにしました。


chagamaのティーバッグは三角のテトラ型。
昔のティーバッグは平べったい座布団型でしたが、最新のティーバッグは立体的です。
テトラ型の利点はその体積!
立体的に膨らむので、茶葉が充分に広がるのです。
昔の座布団型は茶葉が広がる体積が無いので、細かい茶葉しか充填できませんでした。
ティーバッグのお茶は美味しくないと思われるのは、そのイメージがあるからです。
テトラ型のティーバッグはどんな茶葉も充填でき、茶葉が余裕を持って広がるので急須で淹れた味と変わらない美味しさ。
職場や学校、旅先でも、急須が無くてもお湯さえあればどこでも手軽に美味しくお気に入りのお茶を楽しめます。

深蒸し茶 ティーバッグ 3g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥100(税別)

数量