全ての商品

静岡県静岡市葵区梅ケ島+標高1,000m

00000000022
00000000022
00000000022
00000000022

chagamaの「静岡県静岡市葵区梅ケ島+標高1,000m」は、野趣あふれるお茶。
梅ヶ島標高1000m看板
梅ケ島の多くの茶園は標高800m。
このお茶は更に高い、標高1,000mの茶畑から摘まれました。
まさに天空の茶園。
日本一高い茶畑です。

厳しい環境で育ったゆえに、味、香りにもその影響は強く表現されています。
冬を乗り越えた力強さ、過酷な環境の中で蓄えた養分。
野性的なだけでなく、優しいだけでなく。
野趣あふれるお茶です。

※市場に出回ることはなく、chagamaでのみ取り扱っている特別なお茶です。


産地:静岡県静岡市葵区梅ケ島

生産者:まるうめ製茶協組

品種:やぶきた

安倍川、藁科川流域で採れるお茶は「本山茶」と呼ばれ、梅ケ島は安倍川の最上流にあたります。
高い標高に位置する梅ケ島の茶畑は、日本で一番空に近い茶畑です。
川霧が発生する山間地は、昔より良いお茶が採れる土地とされてきました。
じっくりと旨味を備えたお茶が育ちます。

静岡市は温暖な地域。
冬、雪が降ることは非常に稀です。
海に近い街中では、氷が張ることもほとんどありません。
しかし、縦に長い静岡市の北に位置し標高の高い梅ケ島は別世界。
雪も降り、氷点下を下回る過酷な環境の中で、お茶の樹は冬を越します。
厳しい冬を乗り越えて栄養分を十分にため込んだ梅ケ島の茶樹は、海に近い平野部から一ケ月遅れた五月に芽吹きます。

「やぶきた」は日本で最も栽培されている品種。(全茶園面積の72.6%を占める)
日本で最も標準的なお茶だからこそ、産地によって味、香り共に千差万別です。
梅ケ島の「やぶきた」は、昔ながらの浅蒸しで、ゴツゴツした無骨な形状。
水色は「金色透明」と呼ばれる美しい山吹色。
緑茶とはいいますが、昔はこの金色こそが緑茶の水色でした。

静岡県静岡市葵区梅ケ島+標高1,000m 50g

在庫状態 : 在庫僅少

販売価格  ¥950(税別)

数量  

静岡県静岡市葵区梅ケ島+標高1,000m 100g

在庫状態 : 在庫僅少

販売価格  ¥1,900(税別)

数量