全ての商品

静岡県磐田市向笠新屋+さえみどり

00000000033
00000000033
00000000033
00000000033

chagamaの「静岡県磐田市向笠新屋+さえみどり」は、やさしいお茶。

摘採日は4月下旬。
「さえみどり」といえば、冴えた緑色の水色と旨味。
やぶきた」に取って代わる品種として、生まれの鹿児島県だけではなく静岡県での栽培面積も広がってきています。
産地が変われば同じ品種といえど、産地独特の特色も生まれてきます。

chagamaの「静岡県磐田市向笠新屋+さえみどり」は、生産者の性格も相まってとてもやさしいお茶。
封を切った瞬間にふわっと広がる香りは、甘味を連想させます。
遠赤外線で包み込むように火入れしたことにより、旨味は増幅され、「さえみどり」らしさがより鮮明に表現されています。
すっきりと引いていく後味、最後までやさしいお茶に仕上げました。


産地:静岡県磐田市向笠新屋

生産者:ヤマトシ青島製茶工場

品種:さえみどり

磐田原台地で茶の栽培が始まったのは、明治初期。
牧之原台地同様に開墾したのは、ラストサムライ。
磐田原台地に広がる茶園は、地形の九割が平坦で、傾斜地がほとんど見られません。
水捌けの良い土壌が茶栽培に適し、温暖な気候にも恵まれ、静岡県内でも極早場所の茶産地です。
その恵まれた地形から、茶園の基盤整備も行き届き、乗用管理機の普及率は静岡県内で一番。
次世代を担う若い生産者も多く就農しており、将来が楽しみな産地でもあります。
向笠新屋は、その「磐田原台地」の一角にあります。

生産者のヤマトシ青島製茶工場と、chagamaの製茶工場であるマルモ森商店は、親子二代に渡るお付き合い。
マルモ森商店の専属契約生産者として、何十年と共に歩んできました。
新たに植える品種、蒸し時間、揉み方、切磋琢磨は毎年続きます。
昨日の荒茶の出来栄えを共に確認して、今日は蒸し時間を変える。
専属契約だからこそできる微調整。
ピンと伸びた綺麗なお茶を揉む生産者です。

「さえみどり」は、日本で最も栽培されている品種「やぶきた」(全茶園面積の72.6%を占める)に取って代わる品種。
欠点が無く、全てが優れる優等生であるため、高級茶の代名詞となりました。
茶業界では誰もが認める素晴らしいお茶です。
それもそのはず、今でも横綱である「やぶきた」と、天然玉露といわれる「あさつゆ」を交配してできた品種なのですから。
「さえみどり」は、漢字で書くと「冴え緑」。
その名のとおり、冴えた緑色が美しい品種です。
また、血液をサラサラにする「ケルセチン」を多く含む品種でもあります。

静岡県磐田市向笠新屋+さえみどり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥550(税別)

数量  

静岡県磐田市向笠新屋+さえみどり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,100(税別)

数量