全ての商品

静岡県島田市切山+さえみどり

00000000017
00000000017
00000000017

chagamaの「静岡県島田市切山+さえみどり」は、旨味たっぷりのお茶。

摘採日は4月下旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
中蒸し製法とあいまって細かく見えますが、じつに丁寧にしっかりと揉み込まれているのです。

「静岡県島田市切山+さえみどり」の旨味の多さは、特筆に値します。
日本茶は、お湯の温度で味を変化させることができる飲み物。
お湯の温度が低ければ、甘味、旨味を楽しめます。
お湯の温度が高ければ、渋味、苦味を楽しめます。
まさに、甘渋苦(かんじゅうく)+旨味のバランスをお湯の温度でコントロールできるのですが、この「静岡県島田市切山+さえみどり」は高温で淹れても旨みが濃いのです。
甘みとは違う旨味。
喉を過ぎた後に、湧き出てくるような旨味。
舌で感じるのではなく、喉で感じるような旨味。
ぜひ、chagamaの「静岡県島田市切山+さえみどり」で、その濃厚な旨味を体感してください。


産地:静岡県島田市切山

生産者:カネロク松本園

品種:さえみどり

牧之原台地は島田市、牧之原市、菊川市にまたがる、日本一の広さを誇る茶産地です。
産地としての歴史は意外と新しく、明治初期から始まります。
不毛の台地と呼ばれた牧之原台地を日本一の茶産地へと開墾したのは、ラストサムライ。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公に仕えた武士達が刀を捨て鍬へ持ち替えて、日本一の礎を築きました。
切山は、その「牧之原台地」の一角にあります。

生産者のカネロク松本園は、三代続くお茶の生産者。
現在では二代目、三代目の親子共にお茶の生産をしております。
chagamaの製茶工場であるマルモ森商店とは、何十年にも渡るお付き合い。
契約生産者として、マルモ森商店専用のお茶を揉んでいただいております。
世界農業遺産の認定を受けている、静岡の「茶草場農法」の伝統を継承する傍ら、日本初の「燻製茶」を開発する革新性を持っております。
親子二代、伝統と革新を兼ね備える生産者です。

「さえみどり」は、日本で最も栽培されている品種「やぶきた」(全茶園面積の72.6%を占める)に取って代わる品種。
欠点が無く、全てが優れる優等生であるため、高級茶の代名詞となりました。
茶業界では誰もが認める素晴らしいお茶です。
それもそのはず、今でも横綱である「やぶきた」と、天然玉露といわれる「あさつゆ」を交配してできた品種なのですから。
「さえみどり」は、漢字で書くと「冴え緑」。
その名のとおり、冴えた緑色が美しい品種です。
また、血液をサラサラにする「ケルセチン」を多く含む品種でもあります。

静岡県島田市切山+さえみどり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥550(税別)

数量  

静岡県島田市切山+さえみどり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,100(税別)

数量