全ての商品

静岡県島田市金谷+さえみどり

00000000823
00000000823
00000000823
商品特徴

chagamaの「静岡県島田市金谷+さえみどり」は、上品でコクがあるお茶。

摘採日は4月中旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
永田農園さんらしくしっかりと蒸し、丁寧に揉み込まれています。

ミル芽であることは、上級なお茶には必須の条件です。
しかしあまりにもミル芽で摘むと、養分がまだ行き渡っておらず淡白な味になってしまう傾向もあります。
ミル芽であって尚且つ養分が豊富であること、このバランスが大事。
「静岡県島田市金谷+さえみどり」は、この上級茶の条件を十分に満たしたお茶です。

やわらかい新芽を感じられる上品さ、それでいてコクがあります。
遠赤外線で火入れをおこなったので、香りは甘く。
しかし、喉で感じる味は「さえみどり」独特の鮮度感。
それらが相俟ってコクとなります。

ぜひ、chagamaの「静岡県島田市金谷+さえみどり」で、上品なコクを体感してください。

産地・品種・生産者

産地:静岡県島田市金谷

生産者:永田農園

品種:さえみどり


牧之原台地は島田市、牧之原市、菊川市にまたがる、日本一の広さを誇る茶産地です。
産地としての歴史は意外と新しく、明治初期から始まります。
不毛の台地と呼ばれた牧之原台地を日本一の茶産地へと開墾したのは、ラストサムライ。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公に仕えた武士達が刀を捨て鍬へ持ち替えて、日本一の礎を築きました。
金谷は、その「牧之原台地」の一角にあり、旧金谷町。
東海道五十三次の24番目の宿場に数えられ、茶娘の発祥地。
現在は、お茶とSLの町として全国に知られております。


生産者の永田農園は、三代続くお茶の生産者。
現在では二代目、三代目の親子共にお茶の生産をしております。
chagamaの製茶工場であるマルモ森商店とは、何十年にも渡るお付き合い。
契約生産者として、マルモ森商店専用のお茶を揉んでいただいております。


特筆すべきは、生産、製造技術の高さ。
日本で最も権威のある品評会「全国茶品評会」において、一等一席である「農林水産大臣賞」に二度も輝いております。
一度目(2004年)は二代目が、二度目(2014年)は三代目が、親子共に受賞をする快挙。
名実ともに日本一の生産者、深蒸し茶製造のスペシャリストです。

さえみどり」は、日本で最も栽培されている品種「やぶきた」(全茶園面積の72.6%を占める)に取って代わる品種。
欠点が無く、全てが優れる優等生であるため、高級茶の代名詞となりました。
茶業界では誰もが認める素晴らしい品種です。
それもそのはず、今でも横綱である「やぶきた」と、天然玉露といわれる「あさつゆ」を交配してできた品種なのですから。
さえみどり」は、漢字で書くと「冴え緑」。
その名のとおり、冴えた緑色が美しい品種です。

効能

血液をサラサラにする「ケルセチン」を多く含む品種でもあります。

静岡県島田市金谷+さえみどり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥918(税込)

数量  

静岡県島田市金谷+さえみどり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,836(税込)

数量