全ての商品

鹿児島県+さえみどり

00000000039
00000000039
00000000039

chagamaの「鹿児島県+さえみどり」は、ミル芽感を楽しめるお茶。
摘採日は4月中旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
深蒸しというほど蒸してはいませんが、小さい若い芽を摘んでいるので、細かく見えます。

ミル芽の味を楽しめるお茶は、なかなか貴重です。
ミル芽はとても柔らかく、生命力に溢れた独特で新鮮な滋味を持ちます。
新茶時期の鹿児島県では、たった4〜5日で一葉の新芽が展開し、展開した新芽は少しずつ硬化をしていきます。
ミル芽の時期は非常に短いのです。

「鹿児島県+さえみどり」は、温風で火入れ。
新鮮な香りを最大限に活かす、優しい火入れです。
被覆栽培と相まって、まろやかさも兼ね備えています。
「鹿児島県+さえみどり」は、品種の香りを主張せず、上品なミル芽感を楽しませてくれるお茶に仕上げました。


産地:鹿児島県

品種:さえみどり

鹿児島県は静岡県に次ぐ全国第二位の茶生産地です。
南国の温暖な気候のため、三月下旬から始まる新茶の摘採、そして数多くの品種を育成していることが特徴。
日照量が多いため、簡易的な被覆栽培をしていることも特徴の一つで、濃い緑色のお茶が栽培されています。

「さえみどり」は、日本で最も栽培されている品種「やぶきた」(全茶園面積の72.6%を占める)に取って代わる品種。
欠点が無く、全てが優れる優等生であるため、高級茶の代名詞となりました。
茶業界では誰もが認める素晴らしいお茶です。
それもそのはず、今でも横綱である「やぶきた」と、天然玉露といわれる「あさつゆ」を交配してできた品種なのですから。
「さえみどり」は、漢字で書くと「冴え緑」。
その名のとおり、冴えた緑色が美しい品種です。
また、血液をサラサラにする「ケルセチン」を多く含む品種でもあります。

鹿児島県+さえみどり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥650(税別)

数量  

鹿児島県+さえみどり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,300(税別)

数量  

この商品を買った人はこんな商品も買っています