全ての商品

静岡県島田市阪本+やまかい

00000000030
00000000030
00000000030
00000000030

chagamaの「静岡県島田市阪本+やまかい」は、強烈な鮮度感を持つお茶。

島田市阪本は静岡を代表する早場所の産地であり、「静岡県島田市阪本+やまかい」の摘採日は4月中旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
静岡で新茶の摘採が本格的になる時期、スタートを飾る品種です。

ミル芽で摘まれた「やまかい」は、品種の個性と相まって、強烈な個性を持つお茶となります。
鮮度感が強く、尖った香りはハーブの様でもあり、新茶独特の香りを彷彿させるものです。
敢えて直火ではなく温風で火入れをした「静岡県島田市阪本+やまかい」、それは鮮度を生かすための火入れ。
鮮やかな緑色に染まる静岡の春の茶畑、その風景をこのお茶はいつでも思い出させてくれます。


産地:静岡県島田市阪本

生産者:大塚製茶

品種:やまかい

初倉(はつくら)は、昔より早場所として知られ、茶業界で知らない者はいないお茶の産地です。
初倉村は島田市に編入されその地名は無くなりましたが、旧初倉村地域で栽培されたお茶は、いまだに「初倉茶」と呼ばれ、高い品質を誇ります。
牧之原台地の東端に位置し、大井川の恵みを大いに受け、茶栽培が行われています。
阪本は、その「初倉」と呼ばれる産地の一角にあります。

生産者の大塚製茶は、初倉の地で明治20年よりお茶を揉み続ける生産者。
茶業界では生産者、製茶問屋共に屋号で呼び合います。
大塚製茶の屋号は「サスキ」、農林水産大臣賞を3度も受賞している「サスキ」の名は知れ渡っております。
chagamaの製茶工場であるマルモ森商店では、「サスキ」のお茶を仕上げ続けて何十年。
初倉茶の、そして「サスキ」のお茶の特徴が最も生かせる火入れ温度を熟知しております。

新芽や製茶の色が、山のお茶らしいことから「山峡(やまかい)」と命名された品種。
命名されたのが1967年ですから、ずいぶんと年月が過ぎました。
50年ほど前のトレンドと現在では大きく変化しており、「やまかい」が山のお茶らしいか?と問われると・・・違います。
現代の「やまかい」は鮮度重視で製造され、その香りは強烈な個性となっています。
また、「メチル化カテキン」を多く含む品種です。

静岡県島田市阪本+やまかい 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥700(税別)

数量  

静岡県島田市阪本+やまかい 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,400(税別)

数量  

この商品を買った人はこんな商品も買っています