全ての商品

静岡県島田市南原+やまかい

00000000002
00000000002
00000000002
00000000002
00000000002
商品特徴

chagamaの「静岡県島田市南原+やまかい」は、薬草の様な香りのお茶。
摘採日は4月中旬。
静岡で新茶の摘採が本格的になる時期、スタートを飾る品種です。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
非常に細く揉み込まれており、照りもあり、綺麗なお茶です。

やまかい」は、数多い日本茶の品種の中でも、際立つ個性を持つ品種です。
その個性は、独特な香りに集約されています。
薬草の様に感じたり、香木の様に感じたり。
chagamaの「静岡県島田市南原+やまかい」は、オリエンタルな香り。
東洋系の薬草、漢方薬のイメージに近いです。

「良薬は口に苦し」
この諺の本当の意味は文字通りではないのですが、chagamaの「静岡県島田市南原+やまかい」には文字通り当てはまります。
香りは薬草。
味は、しっかりと渋いです。
最近は、甘味と旨味が際立つお茶が好まれる傾向にありますが、「静岡県島田市南原+やまかい」は甘味、旨味を無視した、パンチのある渋味で楽しませてくれます。
日本茶に、この渋味を求める方も多くいます。
甘味、旨味だけが日本茶の良さではない。
トレンドに逆らう硬派なchagamaの「静岡県島田市南原+やまかい」、渋い貴方にお勧めです。

産地・品種・生産者

産地:静岡県島田市南原

生産者:グリームみなみ

品種:やまかい

初倉(はつくら)は、昔より早場所として知られ、茶業界で知らない者はいないお茶の産地です。
初倉村は島田市に編入されその地名は無くなりましたが、旧初倉村地域で栽培されたお茶は、いまだに「初倉茶」と呼ばれ、高い品質を誇ります。
牧之原台地の東端に位置し、大井川の恵みを大いに受け、茶栽培が行われています。
南原は、その「初倉」と呼ばれる産地の一角にあります。

新芽や製茶の色が、山のお茶らしいことから「山峡(やまかい)」と命名された品種。
命名されたのが1967年ですから、ずいぶんと年月が過ぎました。
50年ほど前のトレンドと現在では大きく変化しており、「やまかい」が山のお茶らしいか?と問われると・・・違います。
現代の「やまかい」は鮮度重視で製造され、その香りは強烈な個性となっています。
また、「メチル化カテキン」を多く含む品種です。

静岡県島田市南原+やまかい 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥540(税込)

数量  

静岡県島田市南原+やまかい 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,080(税込)

数量