全ての商品

鹿児島県+やまかい

00000000038
00000000038
00000000038
00000000038
00000000038

chagamaの「鹿児島県+やまかい」は、ミルクの様な甘さがほのかに香るお茶。
摘採日は4月下旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
鹿児島産のお茶らしく色がのっており、濃い緑色のお茶です。

香りは甘いのに、味は対極的な鮮度感を感じるのが「鹿児島県+やまかい」の面白いところ。
被覆栽培によりミルクの様な甘い香りが醸成され、「やまかい」が持つ独特なフレッシュさが味に表現されています。
香りと味に、これだけギャップがあるお茶はなかなか珍しいです。

また、同じ品種で産地による違いを楽しむのには最適なお茶。
静岡産の「やまかい」と、「鹿児島県+やまかい」をぜひ飲み比べてください。
静岡産はキリッ、鹿児島産はまろやか、同じ品種でも産地が違えば印象は大きく変わります。
しかし、その中にはやはり品種ならではの共通項が。
「やまかい」の持つ独特な鮮度感は、静岡産でも鹿児島産でも楽しむことができます。
chagamaの「鹿児島県+やまかい」、かなりレアなお茶です。


産地:鹿児島県

品種:やまかい

鹿児島県は静岡県に次ぐ全国第二位の茶生産地です。
南国の温暖な気候のため、三月下旬から始まる新茶の摘採、そして数多くの品種を育成していることが特徴。
日照量が多いため、簡易的な被覆栽培をしていることも特徴の一つで、濃い緑色のお茶が栽培されています。

新芽や製茶の色が、山のお茶らしいことから「山峡(やまかい)」と命名された品種。
命名されたのが1967年ですから、ずいぶんと年月が過ぎました。
50年ほど前のトレンドと現在では大きく変化しており、「やまかい」が山のお茶らしいか?と問われると・・・違います。
現代の「やまかい」は鮮度重視で製造され、その香りは強烈な個性となっています。
また、「メチル化カテキン」を多く含む品種です。

鹿児島県+やまかい 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥540(税込)

数量  

鹿児島県+やまかい 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,080(税込)

数量