全ての商品

静岡県牧之原市坂部+つゆひかり

00000000020
00000000020
00000000020
00000000020

chagamaの「静岡県牧之原市坂部+つゆひかり」は、鮮度と甘味を堪能できるお茶。

摘採日は4月中旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
「つゆひかり」は品種の特性として、蒸し時間を長くすると綺麗な緑色の水色になります。
深蒸しというほどではありませんが、「静岡県牧之原市坂部+つゆひかり」もしっかりと蒸しました。

新茶の摘採が始まったばかりの4月中旬は、爽やかな季節。
この時期に摘採された茶葉は、この時期にしか出せない鮮度感を持っています。
鮮度と甘味を両立できるお茶は、なかなかありません。
鮮度が際立つと、滋味もキリっと尖る傾向にあります。
4月の茶畑の新緑を思わせる鮮度感ある香りと、充実した甘味を両立できるのは「つゆひかり」であるがゆえ。
日本茶を飲みつくした方にも、これからの方にも、十分に喜んでいただけるお茶に仕上げました。


産地:静岡県牧之原市坂部

生産者:坂部富士坂製茶農業協同組合

品種:つゆひかり

牧之原台地は島田市、牧之原市、菊川市にまたがる、日本一の広さを誇る茶産地です。
産地としての歴史は意外と新しく、明治初期から始まります。
不毛の台地と呼ばれた牧之原台地を日本一の茶産地へと開墾したのは、ラストサムライ。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公に仕えた武士達が刀を捨て鍬へ持ち替えて、日本一の礎を築きました。
坂部は、その「牧之原台地」の一角にあります。
坂部の土壌は、茶樹の育成に適した弱酸性の赤色土で、良質な茶が摘採される産地です。

父親である「あさつゆ」から「つゆ」、茶業に光明を与える「ひかり」から「つゆひかり」と命名された品種。
その名のとおり、新しい日本茶のファンを増やし、茶業に光を当てるであろう新しい品種です。
ペットボトルの日本茶に慣れ親しんだ若い世代、また日本茶を初めて飲む外国の方、日本茶には少なからずある渋味に最初はなかなか慣れません。
そのような方々に
「日本茶ってこんなに甘味がある飲み物だったんだ!」
「Never knew Japanese tea was such a sweet drink!」
「没想到日本茶這麽甜的飲料!」
「冇唸過日本茶咁甜嘅飲料喎!」
と驚いていただける品種です。
chagamaでも力を入れている品種で、数多くの産地の「つゆひかり」を取り揃えております。

静岡県牧之原市坂部+つゆひかり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥800(税別)

数量  

静岡県牧之原市坂部+つゆひかり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥1,600(税別)

数量