全ての商品

静岡県島田市切山+かなやみどり

00000000010
00000000010
00000000010
00000000010
00000000010
商品特徴

chagamaの「静岡県島田市切山+かなやみどり」は、いぶし銀の様なお茶。
摘採日は4月下旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。

決して華やかではないけれど、日本茶にとって大事な要素である「渋味」のどっしり感が素晴らしいお茶。
いぶし銀の様なお茶があるからこそ、旨味たっぷりのお茶花の様に華やかな香気を持つお茶が輝けると思うのです。
「日常茶飯事」、字の如く毎日飲むお茶。
「静岡県島田市切山+かなやみどり」は普段使いのお供として最適です。
二煎目、三煎目も薄くならず、どっしりしています。
「かなやみどり」の特徴ある香りは好き嫌いが分かれますが、chagamaの「静岡県島田市切山+かなやみどり」は蒸しをやや深くし、万人受けを追求しました。
深蒸し寄りにすることで、特徴ある香りをマスクできる品種なのです。

産地・品種・生産者

産地:静岡県島田市切山

生産者:カネロク松本園

品種:かなやみどり

切山
牧之原台地は島田市、牧之原市、菊川市にまたがる、日本一の広さを誇る茶産地です。
産地としての歴史は意外と新しく、明治初期から始まります。
不毛の台地と呼ばれた牧之原台地を日本一の茶産地へと開墾したのは、ラストサムライ。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公に仕えた武士達が刀を捨て鍬へ持ち替えて、日本一の礎を築きました。
切山は、その「牧之原台地」の一角にあります。

切山
生産者のカネロク松本園は、三代続くお茶の生産者。
現在では二代目、三代目の親子共にお茶の生産をしております。
chagamaの製茶工場であるマルモ森商店とは、何十年にも渡るお付き合い。
契約生産者として、マルモ森商店専用のお茶を揉んでいただいております。
世界農業遺産の認定を受けている、静岡の「茶草場農法」の伝統を継承する傍ら、日本初の「燻製茶」を開発する革新性を持っております。
親子二代、伝統と革新を兼ね備える生産者です。

「かなやみどり」は、個性的な香りが特徴の品種。
その独特な香気は、「ミルク」に例えられることが多いです。
しかし、ミルクとは対照的な「草」の様に感じることもあります。
日本茶鑑定士によって同一の「かなやみどり」を鑑定した際には、「ミルク」「草」だけでなく、「桃」「山椒」の様に例えられたこともありました。
飲む人によって多くの表情を見せる「かなやみどり」、それだけ多様な香りの要素を含んだ素敵な品種です。
静岡県榛原郡金谷町(現島田市)にある茶業試験場で育成されたので、「かなやみどり」と命名された晩成品種。
優れた抗アレルギー作用を発揮するとされている「メチル化カテキン」を多く含む品種でもあります。

静岡県島田市切山+かなやみどり 50g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥486(税込)

数量  

静岡県島田市切山+かなやみどり 100g

在庫状態 : 在庫在り

販売価格  ¥972(税込)

数量  

この商品を買った人はこんな商品も買っています